一括査定 必要書類

愛車を手放す際に自動車保険のお金は戻ってくるのか?

更新日:

自賠責保険の返戻金

愛車を手放し、自動車損害賠償責任保険を解約する場合、その料金は返金されます。

条件は主に2つ。

自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上残っている

自賠責保険は月単位での契約になります。
よって有効期限が最低でも1ヶ月残っていることが必要になります。
決して日割り計算されませんので、この点は注意してください。

一時抹消登録、または永久抹消登録した場合

自動車の一時抹消および永久抹消登録が必要です。
週末しか乗らないから平日分は返金してほしいという要望には応えられません。これは軽自動車も同様です。

返金元

請求するのは、加入している保険会社です。

自動車を買い取ってくれる買取業者や自動車ディーラーではありません。

つまり、愛車を手放すと自動的に返金されるわけではないということです。

あくまで売却した自動車の抹消登録が完了した後に、自分が加入している自賠責保険会社で解約および返戻金の申請を行わなければいけません。

この手続を行わないと、いたずらに保険の有効期間を消化してしまいます。

しかし、多くの場合、買取業者や自動車ディーラーが必要な申請を代行してくれ、買取価格に上乗せされていたり、支払額から差し引かれていたりします

ただ、確認しておかないと曖昧なままになってしまうので、必ず「自賠責保険の返戻金はどうなってますか?」と確認してください。

返戻金の起算日

自賠責の返戻金起算日は、抹消手続きを行った日ではありません。

保険解約日から月割り計算することになります。

つまり、解約は抹消手続き完了後、早ければ早いほど多くの返戻金を受け取ることが可能になるわけです。

当然、月をまたぐと一ヶ月分が減額されるので、解約および返戻金の申請はすぐに対応することが望ましいです。

もし、買取業者やディーラーが手続きを代行する場合、いつが起算日になり、いくら返金されるのかを必ず事前に確認しておくとよいでしょう。

必要書類

一般的に必要な書類は以下の通りですが、念のため事前に必ず各保険会社に確認してください。

また、買取業者やディーラーがすべてを代行してくれる場合は、これら書類を自分で用意する必要はありません。

乗用車

・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・陸運支局で発行される抹消手続きの証明書のコピー
乗用車の場合「一時抹消登録証明書(一時的に廃車する届出)」「登録事項証明書」(永久抹消登録)」が必要です
・上記書類に記載されている所有者の認印
・返戻金の振込先となる金融機関口座の情報(買取価格に含まれる場合は除く)

軽自動車

・自動車損害賠償責任保険証明書(自賠責保険証)の原本
・軽自動車検査協会で発行される抹消手続きの証明書のコピー
軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」が必要です
・上記書類に記載されている所有者の認印
・返戻金の振込先となる金融機関口座の情報(買取価格に含まれる場合は除く)

自賠責保険は、登録(車検)とセットになっていて、その車について回るものと考ええばわかりやすいと思います。

あまり意識していないと思いますが、新車を買うときも、中古車を買うときも、車検を通すときも、必ず自賠責保険料を払っているのです。

誰もが絶対に入なければいけない最低限の保険なので、「強制保険」とも言われています。

つまり、あなたが車を売った場合でも、次の車検まではあなたが加入した自賠責保険は生き続けています。但し、売った段階で月割の残金が返戻される。

そして、中古車屋は次のオーナーに、残り月分のの自賠責保険の金額を含めて車を売るのが一般的なのです。

おすすめの車一括査定サイト

  高額買取が可能な車買取一括査定サイトのベスト3をご紹介します。1サイトだけではなく、複数サイトの登録が高額買取のポイントです。

ズバット車買取比較

 大手を含む 100社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。
出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!

カーセンサー

 中古車情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』はリクルートが運営するクルマ総合情報サイトです。
高額買取が期待できる業界最大手サイトです。

カービュー

 ヤフーグループ「カービュー」による中古車の買取査定を無料で複数社に一括依頼できるサービスです。
サービス稼働期間は業界NO.1。実績と信頼のサイトです。

-一括査定, 必要書類

Copyright© 中古車査定相場【元中古車査定員の証言】 , 2021 All Rights Reserved.