中古車査定相場表【元中古車査定員の証言】

中古車買取の必要書類を準備する

書類

 

中古車買取を依頼する際、どんな書類が必要なのか理解している人は意外に少ないのです。
そのために、トラブルになってしまうことも少なくありません。

 

端的に言えば、中古車売却の際は、6種類の書類および印鑑が必要になります。

 

@車検証
A納税証明書
B自賠責保険証
C実印
D印鑑証明書
Eリサイクル券

 

しかし、いざ愛車を手放そうとするとき、この書類が揃わないことがあります。
これでは売ることができず、せっかくの高額買取価格も無駄になってしまいますので、事前の確認が必須になります。

 

下表に従い、書類や印鑑を準備してください。
手元にない場合は、再発行ができますので、すぐに手配するとよいでしょう。

 

書類名

具体的説明

一般的な保管場所

入手方法

再発行のやり方

車検証 自動車の身分証明書として、必ず発行されています

携帯が義務付けられているのでダッシュボードに保管している人が多い

<再発行方法>
普通自動車:陸運局(運輸局・支局)
軽自動車:軽自動車検査協会

納税証明書 毎年必ず支払う税金の支払いを証明する書類

車検証と一緒にダッシュボードに保管している人が多い

<再発行方法>
都道府県税事務所

自賠責保険証 車の所有者が必ず加入しなければならない強制保険の加入証明書

車検証と一緒にダッシュボードに保管している人が多い

<再発行方法>
加入している損害保険会社

印鑑証明書 登録した印鑑が自分のものであることを証明する書類

都度、役場の窓口へ
発行依頼

<入手方法>
市区町村役場

リサイクル券 自動車リサイクル法に従ってリサイクル料金を納付したことを証明する書類

車検証と一緒に
保管している人が多い

<再発行方法>
こちらを参照

実印 印鑑登録をしている印鑑 自宅

<再発行方法>
市区町村役場

 

ローンが残っていた場合

ローン

 

もし、愛車にローンが残っていた場合、権利関係がやや複雑になります。
つまり、所有者があなたではなく、ローン・信販会社になる可能性が高くなるからです。

 

しかし、正規の手続きを取れば、なんの問題もなく愛車を手放すことができますので、安心してください。

 

ローンが残っている車を売る場合の注意点と回避方法
ローンを組んだ場合、車の所有権はディーラーや信販会社になっていることがほとんどです。実際の所有権は、車検証の「所有者の指名又は名称」欄で確認することができます。
つまり、ローンが残っている場合の所有権は自分ではないことが多いのです。
その場合、所有権を自分に変えること、つまり所有権解除をしなければいけなくなるのです。

 

具体的には、必ずローン会社に相談して所有者変更の手続きを行ってください。
所有権の変更方法は、ローン会社によって異なりますが、大手・中堅の中古車買取店に頼めば、代行してくれるので、あなたはなにもしなくて大丈夫です。

中古車売却なら一括査定サイトがおすすめ

もし、急いで愛車を売却しなければならない事情がある人は、車一括査定サイトを利用するといいかもしれません。

 

車一括査定サイトを利用すると、申込み直後に複数の中古車買取店より電話があり、すぐに査定をしてもらうことが可能です。

 

しかも、複数の中古車買取店で査定をしてもらえるので、それだけ高く売れる可能性が高まります。つまり、オークションの要領ですね。買いたい人が多ければ多いほど、価格は釣り上がるのです。

まとめ

中古車の売却に必要な書類は全部で6種類です。
これがすべて揃わなければ、愛車を手放すことができません。
また、ローンが残っている場合、権利関係を整理する必要があります。

 

中古車売却に必要な書類一覧

 

車検証
納税証明書
自賠責保険証
実印
印鑑証明書
リサイクル券

 

これらは事前に準備しておくことが必要です。
中古車査定を受け、高額査定が提示されても、その金額の有効期間は数日か、場合によっては当日だけ有効という場合もあります。
せっかくの査定額を無駄にしないためにも、スムーズに愛車を売却できるようにしておきましょう。