中古車査定相場表【元中古車査定員の証言】

中古車査定で多いトラブル

 

近年、圧倒的な支持を受けている中古車査定といえども、少なからずトラブルはあるようです。その中で多い事例は、「ローン関係」と言われています。売却時にまだローンが残っているケースはトラブルになることがあるようです。決してローンが払い終わっていないと、愛車を売却できないということではありませんが、その手続が煩雑である上に、ローンの支払に関する知識が欠落している場合にトラブルになることがあるようです。もし中古車査定を受けるのであれば、事前に気をつけておいた方がいいかもしれません。

 

ローンが残っているケースでは、愛車の所有権はローン会社にあります。そのため、まずは名義変更をしないと、愛車を売却することができなくなります。そのため、ローンの残債で査定のトラブルを回避するには、ローン中の車でも安心して買い取ってくれる中古車買取業者と取引をすることです。例えば、ガリバーやアップルなどの中古車買取大手企業であれば、まずこのサービスに対応しています。愛車の査定(買取)金額がローンの残債より多い場合は、その分を差し引きして名義変更を行ってくれます。また、もし査定金額がローン残債を下回ってしまっているケースでは、残債分の組み換えローンの手続きまでしてくれます。もちろん、無料で対応してくれるので安心できますね。

 

また、中古車買取査定においてトラブルのが、買取額の変動です。この変動により、「騙された」という気持ちになることがあるようですが、そもそも車の価格は車検の残り日数などで大きく変わってしまうものです。例えば1週間、もっと言えば、たった1日だけで大きく金額が変わってしまうほど、変動の激しいものだと思ってください。中古車の査定相場需要によっても左右されるので、日々、変わっているのです。そのため、査定額が提示されたとしても、それは長期間維持されるとは限らないので、できるだけ早い売買の決断が必要になってきます。

 

また、一括査定を使った場合、直後に電話がかかってきたり、無料の出張査定してもらう場合には、中古車買取業者がしつこく、また査定後も「売ってくれ」と何度も電話があるという報告もあります。このように酷い勧誘があったとのトラブルもあるようですが、これも愛車を高く売るための必要経費と割り切ることが必要かもしれません。

 

 

 

車査定後に売却を断れるのか

 

中古車を査定した際、気になるのが、査定後に売却を断れるかどうかではないでしょうか。中古車買取業者がしつこく、結局断れずに無理矢理売らされるのではないと心配になるのもわかりますが、この点は心配いらないと言ってもいいでしょう。無料の査定したからと言っても売却は義務ではありません。そもそも複数の業者の査定を受けているので、どこかの業者は買い取れない運命にあるのです。この点は気にする必要がありません。また、納得した価格が提示されなければ、全ての業者への売却を断っても問題ありません。あくまで手放すかどうかは売る側の意向次第なのです。

 

中古車を査定に出すのであれば、高額で買い取ってもらいたいと思うのが人情ですが、もしそうなのであれば、一番最初に車一括査定サイトを使ってほしいと思います。複数の中古車査定業者に中古車査定を依頼することでにより、高額査定が実現されやすくなります。買いたいと思う業者が多ければ多いほど、価格は釣り上がるからです。複数の買取業者が名乗りを上げるということは、中古車査定後に売却を断れるかという不安が出てきますが、これは前述の通りで全く問題ありません。無料の出張査定をしてもらうだけで、断ることは可能です。追加料金を取られることもありませんので、まったく心配いりません。

 

中古車査定とは、複数業者の査定が前提になっていますし、もし心配であれば、他の買取業者も査定を依頼している旨を事前に伝えておけば、相手の理解も得られやすいでしょう。車一括査定サイトを経由している以上、基本的に、中古車査定業者は、買取を断られることは想定内の出来事なので、それでクレームを言われることは皆無です。

 

とはいえ、中古車買取業者もビジネスです。査定後には、かなり粘って買取を依頼してくるケースがあります。何とか買い取りたいと猛烈な営業電話が掛かってくることもあるので、その点は覚悟が必要です。車一括査定サイトを利用するのであれば、そうした事態はある程度、想定しておかなくてはなりません。しかし、それで数十万円も高額買い取りされるのであれば、必要経費と割り切ることができるでしょう。営業電話などのマイナス面を差し引いても十分にお釣りがくるほど、一括査定は有益なサービスと言えると思います。