中古車査定相場表【元中古車査定員の証言】

ミニバンの中古車市場

現在、日本の自動車業界でファミリーユーザーに対して最も人気のあるジャンルがミニバンだと言えるでしょう。しかしこれは世界的に入れば非常にニッチなカテゴリーだと言えるのです。

 

日本国内の特殊な事情とは言え、それだけユーザーのニーズをとられて欲しいと思わせる車を作る日本のメーカーもなかなか大したものです。

 

 

人気のミニバン車種

このミニバンも高級車から軽自動車まで多種多様であり、その性格もかなり幅広く用意されています。

 

コンパクトカークラスのミニバンといえば本田のモビリオとカローラスパシオが有名でした。

 

そして現在はトヨタのシエンタや本田のフリードの人気が高まっていると言えるでしょう。

 

特にモデルチェンジをしたシエンタの販売台数が急激に伸びており、ハイブリットモデルの中心にユーザーのニーズをがっちりと捉えてるといっても間違いないでしょう。

 

そんななか、本田のフリードもいよいよモデルチェンジをしてくる。これまでトヨタはこのジャンルのミニバンに関してはあまり本気を出してこなかったが、現行のシエンタはかなり売れる車を作ってきた。

 

そのため、本田も黙ってはいられないと言えるだろう。そのため新型のフリードは、ライバルであるシエンタきたを十分に意識した作りとなることは間違いないはずである。

 

このコンパクトカークラスのミニバンは2つの車種で市場のほとんどを占有しているので、他にあまり選択肢がないかもしれない。もしこの2車種以外でミニバンを考えているのであれば、その対象は軽自動車になってくるであろう。

 

5ナンバーサイズのミニバン

5ナンバーサイズのワンボックスタイプのミニバンといえば、日本のミニバンの中でも最も売れ筋のカテゴリーと言える。

 

販売的にも最もボリュームゾーンとなるので、この5ナンバーサイズのワンボックスミニバンは選択肢がとても多いと言える。

 

室内の広さやユーティリティやシートはアレンジなど日本のミニバンユーザーにとって魅力的な要素を最も取り揃えているのが特徴と言ってもいいだろう。

 

このようなドル箱市場だけにトヨタや日産や本田といった主要メーカーからは主力モデルが出揃っており非常な激戦区と言える。

 

そくに日産から発売された新型セレナは日産が社運をかけた1台と言っても間違いないかもしれない。

 

先行しているトヨタのノアやヴォクシー、本田のステップワゴンなど、ライバル車種を販売台数絶し荒らすために投入されたのがプロパイロットである。

 

これは高速道路で単一車線の自動運転技術である。これにより渋滞中もハンドル操作やアクセル操作から解放され、何もしなくても前の車を追随するというとても優れた機能なのである。

 

日産はこの技術を導入した新型セレナを今後の販売の中心に据える構えである。

 

本田が発売しているステップワゴンもダウンサイジングターボを搭載しており、燃費性能にも優れ、なかなかの売り上げを示している。

 

このように3車種の三つ巴の戦いが続いている人気市場であるが、これらの車はいわゆる車好きには欲しがる車では無いため本当の自動車市場の活性化に貢献しているとは言い難いかもしれない。

ミニバンの中古車買取相場

ここまで紹介してきたミニバンは中古車査定市場においてもとても人気が高い。

 

インターネットで自動車買取相場を調べてもらえれば分かるがセダンやクーペに比べてミニバンは買取相場が割高となっている。

 

これは数十年続く傾向であるために今後もミニバンが値崩れするという事は考えにくい。

 

リセールバリューの考えてもミニバンはとてもお買い得なジャンルの車ということができるであろう。

 

もし3年から5年乗って愛車を手放す事考えているのであればセダンやクーペよりもミニバンを買っておくと損もしないかもしれない。

 

このように中古車として手放す場合の自動車買取相場を考慮して新車を買うということが必要な工夫になってくるのである。