中古車査定相場表【元中古車査定員の証言】

中古車 どこで買う

中古車は、とても難しい買い物のひとつです。
中古車は高価なので、簡単に買い換えることができません。
その上、中古車は機械なので、当たりハズレがある。

 

さらに、以前のオーナーは誰なのか。
どんな使われ方をしていたのか。
事故歴はないのか。
このような、いくつかの疑問が湧いてくるのです。

 

結果として、どうしても慎重にならざるを得ません。
買った後にハズレだったら、絶望的な気持ちになることは間違いありません。

 

 

このように、中古車を買う誰もが「絶対に騙されたくない」と思うわけですが、ではどんな対策が取れるでしょうか。
まず、絶対に言えることは、中古車を買うときは、「販売店を見ること」です。
どうしても、多くの人は、買おうとする中古車の状態に目が行きます。
しかし、これは間違いです。
中古車の状態以前に、売っている店舗を見て、その信頼性を確かめるということが、なにより重要になるのです。

 

中古車の程度を素人が判断することは難しいもの。
外観や内装など、目に見える箇所は判断できても、エンジンの内部や足回りなどの目に見えないところは、皆目見当も付かないというのが実態ではないでしょうか。

 

つまり、中古車販売店側からすれば、「どうせ見えないし、気付かないだろう」と高をくくる。
そして、実際に気付かれない。
それ故、騙して暴利を得ようとする悪質な中古車屋が出てきてしまうのです。
これが中古車を買う場合の構造的欠陥なのです。

 

そのため、多少価格が高くてもディーラー系の中古車店や大手中古車販売業者など、比較的信頼できる中古車販売店を選択する人が多いのだと思います。
高価な買い物である中古車を騙されて買いたくないですからね。

メーターの巻き戻し

 

中古車を購入する場合、最も注意したいのは「メーターの巻き戻し」です。
中古車のおおよその価値は、「年式」と「走行距離」で決まってきます。
年式は車検証がありますので、不正ができませんが、走行距離はメーターを巻き戻すことで不正が可能になります。
つまり、メーターを改ざんし、走行距離を少なく見せかけることで、中古車の価格を釣り上げる=利益を多くすることが簡単にできてしまうわけです。

 

これを当たり前のように行う中古車販売店が、実はかなりいるというのが中古車販売業界の常識になっています。

 

特に、メーター巻き戻しは、価格を吊り上げることで大きな利幅が取れる高級車に多いようです。
ベンツやBMWだけではなく、ポルシェなどの高級スポーツカーでも比較的頻繁にメーターが巻き戻されているようです。

 

アナログであれ、デジタルであれ、メーターを巻き戻すことは、専用の機材があれば比較的容易だと言われています。
最近のデジタルメーターは改ざんが難しくなっているようですが、そのうち新たな手法が生み出され、巻き戻しができるようになってしまうと思われます。
このあたりの技術はイタチごっこですから、完全に不正を排除することはできないのかもしれません。

 

さらに、メーターそのものを丸ごと交換してしまうという荒業もあるようです。
そうなれば、もう不正を暴くことができないでしょう。

 

もしできるとすれば、年式の割に走行距離が少ない場合は注意をすることくらいでしょうか。
ただ、高級車の場合は、年式が古くても、あまり乗っていない程度のよい中古車があるので、難しい判断になりますが。

 

とにかく、中古車を買う場合には、メーター巻き戻しの不正があるかもしれないことを知っておく必要があるのです。

事故歴と修復歴

次に多いのは、事故歴と修復歴の隠蔽です。
事故歴とは、規模の大小に関わらず、事故があったことだと思われる方がいますが、厳密にはそうではありません。
軽い板金と塗装などは事故歴として扱われません。
走行に影響のない、フェンダー、バンパーやドアなどの修理だけは事故歴にはならないのです。

 

一方、車台(プラットフォーム)に損傷を受けた場合が事故歴=修復歴となります。
比較的大きな事故で、車体を損傷している場合だけが、修復歴として扱われるのです。
事故歴=修復歴は、自動車公正取引協議会日本自動車査定協会日本中古自動車販売協会連合会が定めた規約で表示することが義務づけられています。

 

わかりやすく言えば、事故の履歴があっても、それが軽度であれば事故車にならない場合があるということです。
具体的には、以下9箇所を修復していなければ、事故車にはならないのです。

 

 

 

軽度な事故歴だけの中古車なら、それほど大きな影響はないかもしれません。
バンパー交換や擦り傷による塗装などだけでは、車そのものの性能には影響しませんので。

 

しかし、修復歴のある中古車は事情が違ってきます。
車台(プラットフォーム)は簡単に直すことができません。
また、その影響はとても大きく、直進安定性などに関わってきますので、一度損傷すると中古車としての価値は著しく毀損してしまいます。
その他、修復歴のある中古車は、扉が外から開かなくなった、雨漏りがする、室内ライトがつけられなくなったなど、細々した多くの不具合が生じます。

 

車台(プラットフォーム)とは、人間で言えば骨格です。
背骨が歪んでしまえば健康を害するように、中古車でも車台(プラットフォーム)が歪めば調子を悪くします。
一見、関係ないようなトラブル症状も出てくるのです。

 

しかし、この修復歴は、簡単に見抜けません。
なにしろ、車台(プラットフォーム)なので、すべてが見えるわけではないのです。
中古車に精通している人でなければ、判別は不可能と言えるかもしれません。
ドアの隙間やタイヤの偏った減り具合などで判断できる場合もありますが、それなりの知識がないと見過ごしてしまうでしょう。

 

このように、まずバレないだけに、悪徳中古車販売店は、重大な修復歴を隠蔽するのです。
正直に申請すれば、中古車の価値は二束三文。
しかし、隠し通せれば、大きな利益が得られます。

 

「どうせバレないし、いいだろう」と甘い誘惑に負けてしまう中古車販売店があってもおかしくない。
というより、かなりの中古車販売店が、この不正をやっているのです。

 

この修復歴の有無も中古車を買う上で大きなリスクになるのです。

中古車価格にもカラクリが!!

中古車を買う場合、どうしても中古車価格に目が行ってしまいますよね。
店頭の中古車には大きく価格が表示されています。
思わず「おっ、安い!!」と思ってしまうこともあります。

 

また、雑誌やインターネットでも中古車価格が記載されています。
中にはとても魅力的な価格の中古車が出ていることがあります。

 

しかし、これが中古車販売店のワナなのです。
実際に安い価格を表示して釣る。
それで集客するというテクニックである場合が多いのです。

 

その魅力的な価格に釣られ、お店に行き、実際に見積を取ってみると・・・

 

そうです。
なぜかいろいろな価格が上乗せされており、最初とはまったく違う金額になっているのです!!
なぜか30万円も上乗せになっていて、「なぜ?!」という思いをする人が少なからずいるようです。

 

そのカラクリは「乗り出し価格」です。
ここには、中古車販売店が儲けるための仕組みが隠されています。
買う側には不要なものがなぜかセットにされており、25万〜30万円が上乗せされてしまうのです。

 

もちろん、この中には絶対に必要な費用も含まれているので、そのすべてを否定するわけではありません。
乗り出し価格の内容を確認し、自分にとって損がないことを十分に理解した上で、納得してハンコを押すことが重要です。

 

中古車販売店も商売です。
なるべく手間をかけずにお客を集めて、なるべく高い金額で中古車を売りたい。
自分の利益のためなら、騙すことも憚らない悪徳業者がいるのです。

 

そのためにも、中古車販売店の姿勢が重要です。
安い金額を提示し、その後、追加で金額を上乗せしていないか。
いらないオプションを無理矢理付けさせようとしないか。

 

このあたりに中古車販売店側のスタイルが出てくると思います。
どうせなら、顧客を大切にして、いい中古車を売りたいという正しい商売を心掛けている中古車販売店から買いたいですよね。

 

ただ、この判断はなかなか難しいのです・・・

中古車屋を選ぶポイント

では、どのように中古車販売店を見極めればいいのでしょうか?

 

ズバリ!ひとつの中古車販売店で決めないことです。
言い換えれば、沢山の店舗を回って、多くの中古車を見るということに尽きると思います。

 

気に入った中古車があり、価格も予算内。
担当営業マンもいい人そう。
多くの人は「もう、この中古車に決めちゃおうかなぁ」と思ってしまうものですが、ここで我慢が必要なのです。

 

比較検討をせず、ひとつの中古車や販売店に固執してしまうと、大抵はいい結果になりません。
中古車を買う場合の絶対のルールは「比較検討」です。
同じ車種でも、違う中古車屋で売られている車も見てみる。
または、似たような車種にまで対象を広げてみる。
例えば、プリウスを買おうとしているなら、アクアやフィットも検討対象にするということです。

 

このようにして、多くの検討を重ねることが、絶対に必要なのです。
もちろん、ディーラー系の中古車販売店などで、少し割高な中古車を見てみることも必要でしょう。
とにかく、いろいろな情報を仕入れて、足で中古車店を回ることが重要になるのです。

中古車 おすすめの買い方

しかし、本当に中古車販売店を回れるでしょうか。
時間とコストがかかりますし、なにより、それで本当にいい中古車を見抜ける保証はない。
前述のように、車台(プラットフォーム)の修復歴やメーターの巻き戻しは、まず見抜けません。
いろいろな中古車を見て、気に入って買った車が、修復歴を隠したインチキ車だったら・・・
メーターを巻き戻した不正中古車だったら・・・

 

いくら多くの中古車を見たところで、このリスクは完全に排除できないのです。

 

そんなとき、あなたは思うはずです。

 

自分の代わりに本当に良質な中古車を探してくれる人はいないだろうか・・・と。

 

はい。います。
実は、そんなサービスがあるのです。

 

それが、なびくる+中古車お探しサービスです。

 

これは、「中古車ご提案サービスの決定版」と言われている新たな中古車の買い方なのです。
ネットで申し込みをすると、中古車のプロがあなたの条件に合致した中古車を探してくれるのです。
簡単な情報入力をするだけで毎日500台、年間約60万台の車両情報の中からピッタリの中古車を厳選してくれます。
具体的な車種の希望はもちろん、漠然とした欲しい中古車のイメージを伝えるだけでも、中古車のプロが新たな提案をしてきてくれるのです。

 

通常、インターネットの中古車検索サービスでアクセスできる中古車は、業界全体の3割程度と言われています。
実際に流通している中古車の多くは、インターネットに掲載される前に買い手が付いていたり、元々海外に輸出することを目的にしているので、実際にはエンドユーザーの目に止まらないようになっています。

 

しかし、なびくる+中古車お探しサービスなら、中古車の商流の源流から、本当に条件に合った中古車を探してくれるのです。
もちろん、無駄な転売を経ていないため、価格は安く押さえられています。

 

しかも、信頼性は抜群!!
修復歴詐称やメーター巻き戻しなどの不正は一切ありません。
その自信の現れでしょうか。
購入後の返品もOKですし、最長で10年の保証も付けてくれます。

 

 

【なびくる+中古車お探しサービスの特徴】

 

 

 

 

なびくる+中古車お探しサービスの申し込みは簡単

たった1分で完了します

 

 

 

【中古車を 賢く購入する方法】

 

【中古車は安心に買えるの? 】

 

【プロ推薦! 今購入を オススメする中古車】

 

 

このサービスが完全無料です

 

中古車 安く買う方法

なびくる+中古車お探しサービスは、高品質の中古車を最も安く買う決定的な方法と言えるでしょう。

 

なびくる+中古車お探しサービスに申し込むと、電話かメールで連絡があります。
そこでアポイントを取ります。
都合のよい日時と場所を決め、担当者と会うことになります。

 

場所は、自宅でなくても大丈夫です。
近所の喫茶店などでも問題ありません。

 

そこで中古車の提案を受けます。
パソコンを見ながら、希望の条件に合った中古車を紹介してくれるのです。
所要時間は1〜2時間程度でしょう。

 

ただ、会わなければいけないので、もしかすると、ちょっと抵抗があるかもしれませんね。
でも、まったく心配いりません。
中古車の購入を強要されるようなことはありませんし、その後にしつこくされることもありません。

 

もちろん、なびくる+中古車お探しサービスを比較対象として使ってもOKです。
近所の中古車販売店を回りながら、買いたい中古車の相場感を把握する。
その一方で、なびくる+中古車お探しサービスを使い、より良質で安価な中古車も同時に探してもらう。

 

なびくる+中古車お探しサービスに依頼したからといって、絶対に買わなければいけないわけではないのです。
気に入った中古車がなければ、断ればいいだけの話。

 

買わなかったからといって、調査費用を請求されることはありません。
なびくる+中古車お探しサービスは、完全無料なので、どんなことがあっても費用は発生しないのです。

 

完全無料なので、比較対象として使ってみても損はないと思います。
1〜2時間を使って、何十万円も得をするかもしれませんし、その後、何年にも渡り乗るかもしれない、本当に納得した愛車に巡り合えるかもしれないのですから。
とにかく、得をしたいのであれば、今の愛車を中古車一括査定で売り、次に買う愛車をなびくる+中古車お探しサービスで買うのが最強です。
これだけで、百万円単位のメリットがあるかもしれませんよ。

 

 

 

クリック

↓↓↓↓