ヴィッツの中古車査定相場

ヴィッツとは

世界で販売することを目指した本格的なコンパクトカーであり旧来のトヨタの大衆車とは次元の違う合理的な車であり、たちまち人気となったのはヴィッツである。

 

発売されるやいなやヴィッツは大人気となって売れまくった。

 

日本の自動車産業が不景気の中で不調にあえぐ中、あっという間にベストセラーカーの地位についたのである。

 

このようにヴィッツはスターレットの後継者として爆発的人気を得て、このマーケットを席巻したといってもいいだろう。

ヴィッツのライバル

ヴィッツが、日本のマーケットにおいて目標にしたのが軽自動車に食い込むことである。

 

そのためにヴィッツの価格は最も安いもので、 83万円に設定されており軽自動車と何ら遜色がない価格帯で販売されているのである。

 

1,000 ccのコンパクトカーとは言えこれほど良くできた車を83万円で売るとはさすがトヨタと言わざるを得ない。

ヴィッツのデザインとパッケージ

ヴィッツは全長の短い割に幅が広いため背が高くて独特のフォルムをしている。

 

このモダンなデザインが人気の1つの理由であろう。

 

この独特のフォルムのために室内空間は国内のこのクラスの車としては極めて広く大人4人が十分に乗れる が与えられている。少なくても、これまでに発売されていたスターレットなどとは比べ物ならない広さが確保されている。

 

ドライバーズシートは位置が高く設定されており、とても視界が広い。

 

またトヨタ特有のセンターメーターもとても見やすく運転のしやすさに起用している。

 

さらにシートの出来映えも秀逸である。このクラスの車にしては1つも乗り心地が良いが、それはこの良くできたシートの彼といっても間違いないであろう。

 

ヴィッツのボディスタイルは明らかに従来の国産車とは異なるものでとても斬新である。

 

全体を丸くしているが、とてもボリュームがあり、デザイン的にも優れているといってもいいだろう。これまでの国産車といえば、どこか薄っぺらい感じのデザインであったがヴィッツはヨーロッパ車のようにとても洗練されたデザインである。

 

ヴィッツを発売するにあたりトヨタはこのあたりのデザインを相当研究したに違いない。

ヴィッツのエンジン

またエンジンもとても素晴らしい。

 

パワーもあるし燃費の良い。レシプロエンジンであるにもかかわらずハイブリットカーと変わらない燃費を記録している。

 

これほどスムーズに走れる動力性能があるので、女性でも安心して乗り回すことができるだろう。

ヴィッツの中古車下取り相場

ヴィッツは売れるべくして売れた車であるが、近年ではプリウスやアクアのようにヴィッツを凌駕する車が発売されてきているのでヴィッツの中古車査定相場における価値がやや低下気味である。

 

しかし、それでもコンパクトカーの中では十分に人気があるため中古車市場での人気も高い。

 

その他、ホンダのフィットなどもライバルとして挙げられるが、デザイン的にも、万人受けするヴィッツの方が中古車査定相場における人気が高いといえるかもしれない。

 

発売から20年近くが立っているヴィッツであるが、今でも人気が衰えないという意味では歴史に残る車と言えるのかもしれない。