中古車査定相場表

コンパクトカーの条件

1,000 ccクラスのコンパクトカーはメーカーにとって最も作るのが難しいクラスの車だといっても間違いないであろう。

 

具体的にはトヨタのヴィッツや日産のマーチ、ホンダのフィットなどがそれに該当する。

 

最近ではマツダのデミオやCX−3も人気の車種になっている。なぜこのクラスの車作りが難しいのかと言えば、多くの人が買える安い価格にしなければいけないということが言えるだろう。

 

そして大人4人が乗れなければならず、更に荷物を乗せられるユーティリティースペースを確保しなければならない。

 

車をパッケージする上でこれはなかなか難しい問題になるのである。

コンパクトカーに求められる動力性能

さらにその状態で高速道路で120キロぐらいで悠々巡航できる動力性能を確保しなければならない。

 

さらに言えば、それでも低燃費を維持しなければならず、耐久性や衝突安全性も確保しなければならないという難題に突き当たるのだ。

 

こういった要素を全て高度にバランスさなければいけないのは自動車メーカーにとってとても難しいことと言えるのではないだろうか。

コンパクトカーの売れ行き

これらの要求を全て満たすのはとても大変なことであるが、最近の日本の自動車市場においてはこのクラスの車の売れ行きがメーカーの業績を左右するので何としても人気のある車種に育てあげなければならないのである。

 

そのためにトヨタやホンダなど開発に莫大な投資ができる有力メーカーでなければこのクラスの車を本気で作る事は難しい状況になっているといっても過言ではないのかもしれない。

 

しかし、そこまでメーカーが資源を投じて作った車であっても必ずしも売れるとは限らない。

 

日産のマーチはその代表的な例かもしれない。以前のマーチは人気車種としてコンパクトカー市場に君臨していたものの、現在発売されているマーチはデザインが中途半端になってしまったため、メインの購買層であった女性からそっぽを向かれてしまったのである。

 

そのために売れ行きが激減してしまい日産の屋台骨を揺るがすまでになってしまったのである。

 

以前あった三菱自動車のコルトも同じような運命を辿っている。

 

三菱が起死回生を狙って開発したコンパクトカーだったが、市場からは全く支持されずほとんど売れることなくその役割を終えてしまったのである。

 

そのために、三菱自動車の経営は危機に陥ったという事は記憶に新しいのである。

コンパクトカーの市場

このように自動車メーカーにとってはこのコンパクト俯瞰市場は極めてリスクの高い市場であり、とてもギャンブル性の高いジャンルといってもいいのである。

 

このコンパクトカーの市場開拓したのがトヨタのスターレットだったかもしれない。その後トヨタはスターレットを廃盤にしてvitzを投入してきた。

 

この辺からコンパクトカー市場が活況を帯びてきたといっても間違いない。

 

最近ではホンダのフィットがとても人気で売れ行きも好調だと言う。

 

ただしリコール問題があり、最近では販売量を減らしているために自動車販売台数ではプリウスやアクアの後塵を拝している状況だ。

コンパクトカーの中古車査定相場

このように低価格で高性能なコンパクトカーは中古車市場においてもとても人気が高い。軽自動車では物足りないものの、あまり多くの予算を掛けられない、といったニーズが一定量あるため、そこを満たすためにコンパクトカーはなくてはならない存在になってきている。

 

当然人気車種であるホンダのフィットやトヨタのヴィッツなどは中古車買取相場においても高値で安定している。

 

特にフィットのハイブリットはとても人気が高く高値で買い取られる車種として一定の地位を占めている。

 

近いうちに日産のマーチのフルモデルチェンジを迎えているために、今後ますますこの市場は人気を博すであろう。

 

そうなれば中古車査定相場においてもより高値で買い取られる可能性が高くなるので、もしあなたがコンパクトカーを中古車査定相場に基づいてろうとするのであれば、今が最もチャンスの時期であると言ってもいいかもしれない。