中古車査定相場表

フォレスターとは

やや不格好のスタイルも人気SUVとして確たる地位を築いているフォレスターです。
同時に足回りを煮詰めてSUVのハンドリングカーとして人気を集めています。
スバルの車は基本的にレガシーがベースになっていると考えて良いでしょう。
フォレスターも基本的な作り方はレガシーとインプレッサがベースになっています。
そのため、フォレスターはレガシーと一蓮托生といった部分があり、レガシーが変わらない限り、フォレスターも基本的な部分は変わらない運命にあるのです。
エンジンもトランスミッションもレガシーと共通するパーツが多く、、ややボディーを大きくしたのがフォレスターというイメージだと考えて間違いないでしょう。

フォレスターの特徴

フォレスターはややリアシートが広く、SUV特有の威圧的なスタイルが特徴です。
とにかく車幅を広げて、車高をを高くして、フロント周りをごつく作ればSUVが出来上がるというスタイルはこのフォレスターでも同様かもしれません。
しかし、トヨタや日産がこれをやるとあまりかっこよく感じないのですが、スバルが無骨な作りの車を発表すると、なぜか人気が出るので、これがスバルのブランド力なのだと感心させられます。
インテリアもあまり個性的ではありません。
これがスバルのプランニングなのかもしれませんが、やや暗い雰囲気変わり、もう少しドライビングが楽しくなるようなデザインにしてもよかったのではないかと感じる部分があります。
スバルのインテリアはある意味で他社と差別化されています。
車体同様で、やはり無骨な感じがしてしまうのです。
もうちょっと遊び心のあるインテリアにすれば、スバルの印象も大きく変わるのではないかと思います。

フォレスターのエンジンとハンドリング

エンジンはスバル独特の2,000 cc水平対向4気筒です。これにターボと自然吸気の2種類があります。
トランスミッションは4速オートマチックと覗く間に春から選べるようになっていますが、理想はターボエンジンのマニュアル仕様だと思います。
このクラスのSUVにしては車重が軽いため相当の動力性能が担保されています。
特に高速道路などではそれなりのスピード感とハンドリングで答えてくれるでしょう。
特にハンドリングは秀逸で、この種の車としてはとてもレベルが高く、よく曲がるという特徴があります。
この辺のハンドリングの味付けはスバル特有でとても気持ちが良いものです。
トヨタや日産のSUVは動力性能がいまひとつのため坂道や雪道で本来の性能を発揮できませんがスバルの4WDシステムはレオーネ時代から長い経験を積んだもので、ライバル他社の車に比べて走破性がとても高いという特徴があります。
多少荒れた道でも十分に走ってくれる安心感があるのがスバルの最も誇れる利点かもしれません。
このようにフォレスターがターボとマニュアルミッションの組み合わせが最も素晴らしく、人気があるグレードであると言えるでしょう。

フォレスターのライバル車

近年ではBMW x5のようなハイパフォーマンスSUVが人気となっていますが価格で大幅に安くなるスバルのフォレスターであっても同様か、もしくはそれ以上の走破性を持っていると言っても間違いありません。
むしろBMWやポルシェのカイエンのように1000万円近くも出さなくてもフォレスターがあれば十分にSUVと価値を楽しめると思います。

フォレスターの中古車査定相場

尚、フォレスターの中古車買取相場は高値で安定しているといえます。
中古車市場でもとても人気があるため、中古車一括査定でも高値が出ると言われている車種の1つです。
また、スバルの車は海外でも人気があるため、輸出に向いている車であるとも言われています。
そのため、日本国内での買取が高くなり、それを海外輸出するというルートが出来上がっているために高値買取されるという特徴があります。
程度の良いフォレスターなら通常よりも30万円以上高額買取される可能性がありますので、ぜひ中古車一括査定を使ってみてください。